<   2006年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧
RGBケーブル補償器
Imagenics アナログRGBケーブル補償器 (Dsub 15pin) CAE-70D
1IN 2OUT; ケーブル長 10~70 m; 2.6 kg; 210*44*230 mm; 12万円
http://www.imagenics.co.jp/html/category/data/a_rgb-cae.htm
25mのケーブルで試用させてもらったところ,減衰して暗かったのがかなり明るくはなった.
[PR]
by edogawadai_bio | 2006-05-27 23:58 | img
cygwinでの~/.emacs
;;; 不用意にterapadで保存すると\が¥に変換されてしまうので注意.
(set-language-environment "Japanese")

(create-fontset-from-request "tt16"
'((width . 8) ; フォントの幅(ピクセル)
(height . 16) ; フォントの高さ(ピクセル)
(weight . 400) ; フォントの太さ(通常400,ボールドで700)
(fixed . t) ; tで等幅
(italic . nil)) ; tでイタリック
'((family . "MS ゴシック") ; フォントファミリ
(family . "Courier New")))

(setq default-frame-alist (append (list
;'(font . "tt16") ; フォントセット
'(width . 80) ; 一行の字数
'(height . 59) ; 行数
'(left . 595) ; ディスプレイのX座標
'(top . 29) ; ディスプレイのY座標
'(background-color . "black") ; 背景の色
'(foreground-color . "white") ; 文字の色
'(cursor-color . "green") ; カーソルの色
) default-frame-alist))

; font-lockの設定
(if window-system (progn
(setq font-lock-support-mode 'lazy-lock-mode)
(global-font-lock-mode t)))
(setq font-lock-support-mode
'((emacs-lisp-mode . jit-lock-mode) ;; モードによって切りかえたい時
(c++-mode . fast-lock-mode)
(t . jit-lock-mode))) ;; デフォルト
;;コメントの色
;(set-face-foreground 'font-lock-comment-face "medium purple")
;;name の色
(set-face-foreground 'font-lock-function-name-face "LightSkyBlue")

;; Cygwinのbashを利用
(setq explicit-shell-file-name "C:/cygwin/bin/bash.exe")
(setq shell-file-name "sh.exe")
(setq shell-command-switch "-c")
;; argument-editing の設定
(require 'mw32script)
(mw32script-init)
(setq exec-suffix-list '(".exe" ".sh" ".pl"))
(setq shell-file-name-chars "~/A-Za-z0-9_^$!#%&{}@`'.:()-")

;; SHELLで^Mが付く場合は^Mを削除
(add-hook 'shell-mode-hook
(lambda () (set-buffer-process-coding-system 'undecided-dos 'sjis-unix)))
;; shell-modeでの補完 (for drive letter)
(setq shell-file-name-chars "~/A-Za-z0-9_^$!#%&{}@`'.,:()-")

;;; SKK
(setq skk-egg-like-newline t) ;; 変換時,改行でも確定
(setq skk-japanese-message-and-error t) ;; メッセージは日本語で
(setq skk-auto-insert-paren t) ;;"「"を入力したら"」"も自動で挿入
(setq skk-check-okurigana-on-touroku t) ;;漢字登録のミスをチェックする
(setq skk-kuten-touten-alist '((jp . ("。" . "、" )) (en . ("." . ",")))) (setq-default skk-kutouten-type 'en)
(setq skk-number-style nil) ;; @で挿入する日付表示を半角に
(setq skk-show-tooltip t) ;; 変換候補をツールチップに表示
(setq skk-show-inline t) ;; 変換候補をインラインに表示
(setq skk-isearch-start-mode 'latin) ;; isearch時にSKKをオフ
(setq skk-henkan-face 'underline)
(setq skk-auto-insert-paren nil)
(setq skk-auto-okuri-process nil)
(setq skk-date-ad t) ;自動日付入力の西暦化
(setq skk-dcomp-active t)
(setq skk-large-jisyo nil)
(setq skk-server-host "127.0.0.1" skk-portnum 1178)
(setq skk-latin-mode-string "a")
(setq skk-hiragana-mode-string "あ")
(setq skk-katakana-mode-string "ア")
(setq skk-jisx0208-latin-mode-string "a")

;; モード名を短くする
(add-hook 'texinfo-mode-hook '(lambda () (setq mode-name "Texi")))
(add-hook 'lisp-interaction-mode-hook '(lambda () (setq mode-name "Lisp-Int")))
(add-hook 'emacs-lisp-mode-hook '(lambda () (setq mode-name "Elisp")))
(eval-after-load "encoded-kb"
'(setcar (cdr (assq 'encoded-kbd-mode minor-mode-alist)) ""))
(add-hook 'isearch-mode-hook
'(lambda () (setcar (cdr (assq 'isearch-mode minor-mode-alist)) "")))

(setq display-time-string-forms
'(month "/" day " " 24-hours ":" minutes))
(display-time)

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;; all lines below are derived from ~/.emacs of Linux box (su7d1)
(setq load-path (cons (expand-file-name "~/elisp") load-path))
;;; 編集モード設定
(setq default-major-mode 'indented-text-mode)
;(setq initial-major-mode 'indented-text-mode)
(setq completion-ignored-extensions (append
(list ".ps" ".gif" ".dvi" ".lzh" ".jpg" ".jpeg" ".gz" ".deb"
".zip" ".mid" ".mod" ".mp3" ".o" ".tar.gz" ".gz" ".tgz"
".pyc" ".pyo" ".a" ".tar.bz2" "bz2")
(if (boundp 'completion-ignored-extensions)
completion-ignored-extensions)))
(setq next-line-add-newlines nil) ;C-nで新たな行をつくらない(nil)
(setq track-eol t)
(setq require-final-newline t)
(line-number-mode 1)
(column-number-mode 1)
(setq scroll-step 1)
(setq scroll-conservatively 1)
(setq-default truncate-lines nil) ;行の折り返し表示 nil:する t:しない($)
(setq transient-mark-mode 1);リージョンを色付きで
(set-face-background 'region "blue")
(setq make-backup-files nil);バックアップ(foo~)をつくらない
(setq auto-save-default nil);.saves-...をつくらない
(setq auto-save-list-file-name nil)
(setq auto-save-list-file-prefix nil)
(setq-default dired-listing-switches "-alF")
(setq mouse-yank-at-point t) ;カーソル位置に貼り付け
(tool-bar-mode nil) ;disable tool-bar
(blink-cursor-mode 0) ;stop cursor blink
(setq cursor-in-non-selected-windows nil); disable cursor of non-active window
(setq frame-title-format (format "Meadow: %%f")) ;;; タイトルバーにファイル名を表示する
;;; キーバインド
(global-set-key "\C-h" 'backward-delete-char)
(global-set-key "\M-g" 'goto-line)
(global-set-key "\M-n" 'expand-abbrev)
(global-set-key "\C-x'" 'just-one-space)
(global-set-key "\M- " 'dabbrev-expand)
(global-set-key "\M-/" 'expand-abbrev)
(eval-after-load "abbrev" '(global-set-key "\M-/" 'expand-abbrev))
(global-set-key [S-right] 'forward-word)
(global-set-key [S-left] 'backward-word)
(global-set-key [S-up] 'backward-paragraph)
(global-set-key [S-down] 'forward-paragraph)
(global-set-key [f11] 'call-last-kbd-macro)
(global-set-key [f12] 'next-error)
(setq inhibit-startup-message t) ; Don't Display Startup Message
(setq initial-scratch-message nil)
(iswitchb-default-keybindings) ; C-x b で buffers を選ぶ時便利
(resize-minibuffer-mode)
(add-hook 'find-file-not-found-hooks 'new-file-p) ;;; new fileをopenする際,確認を求める
(defun new-file-p ()
(interactive)
(or (y-or-n-p (format "\"%s\": not found. Do you want to create new file?" buffer-file-name))
(keyboard-quit)))
;;; 書込時のフック
(setq write-file-hooks '(lambda nil (trim-eob) (trim-buffer)))
(defun trim-region (start end) "リージョン中の行末の無駄な空白を消去"
(interactive "r") (save-excursion (save-restriction
(narrow-to-region start end) (goto-char start)
(replace-regexp "[ \t]+$" ""))))
(defun trim-buffer nil "バッファ中の行末の無駄な空白を消去"
(interactive) (save-excursion
(mark-whole-buffer) (trim-region (region-beginning) (region-end)) ))
(defun trim-eob nil "バッファの最後に溜った空行を消去"
(interactive) (save-excursion (progn (goto-char (point-max))
(delete-blank-lines) nil)))
[PR]
by edogawadai_bio | 2006-05-14 23:30 | comp
cygwinでの~/.bashrc
umask 022
set -o notify
set -o ignoreeof
shopt -s histappend

HISTIGNORE="[ ]*:&:bg:fg:exit"
HISTCONTROL=ignoredups
HISTFILESIZE=5000
HISTSIZE=5000
COMP_TAR_INTERNAL_PATHS=1

export BZIP2="-9"
export CHECKEROPTS="--disp-args -o=CHECKER -p -v --Wfree-null -t"
#export EDITOR="emacsclient"
export GZIP="-9"
export JAVA_HOME=`cygpath -w "C:\Program Files\Java\jdk1.5.0_01"`
export LANG=C
export LESS="-Mrfix8Xd"
export LS_COLORS='no=0:fi=0:di=36:ex=31:ln=0:pi=33:so=35:do=35:bd=33:cd=33:or=31';
export PAGER="/usr/bin/less"
export PROMPT_COMMAND="history -a"
#export RSYNC_PATH="ssh"

alias ..='cd ..'
alias c='less -x4'
alias cp='cp -iav'
alias df='df -h'
alias dif='diff -burN'
alias du='du -h'
alias free='free -m'
alias gdb='gdb -silent'
alias hex='od -Ax -tx1'
alias his='history'
alias indent='indent -kr -ts255'
alias j='jobs -l'
alias loc='locate'
alias mv='mv -i'
alias open='/bin/cygstart'
alias p='python'
alias pd='pushd'
alias po='popd'
alias s='less'
alias sss='sync; sync; sync'
alias sym='nm \!* | cut -b 10- | egrep "^[TU] " | sort'
alias top='top d 1'

# about grep
alias grep='grep --color=AUTO'
alias g='grep -i'
alias G='grep'
alias gn='grep -in'
alias gv='grep -v'

# about ls
alias ls='ls -hF --show-control-chars --color=auto'
alias l='ls'
alias la='ls -a'
alias ll='ls -l'
alias lla='ls -al'

complete -d cd
complete -c man

# function settitle() { echo -ne "\e]2;$@\a\e]1;$@\a"; }

if [ $TERM == dumb ]
then PS1='$?$SHLVL:\w\$ '
else PS1='$?:\w\$ '
fi
[ $TERM = cygwin ] && TERM=cygwinB19
function ff { diff $1~ $1 ; }
function ffc { diff -c $1~ $1 ; }
function va { v -a "$@" | more ; }

function edit() { 'C:\\OPT\\tpad089a\\TeraPad.exe' `cygpath -w $*` & }
function emacs() { 'C:\\OPT\\Meadow\\bin\RunMW32.exe' `cygpath -w $*` & }
[PR]
by edogawadai_bio | 2006-05-14 23:18 | comp
外付けHDD
湯島で物理の話を聞く.新鮮な気持ちになった.帰りに秋葉原に寄りHDDを買う.日立のHDT722525DLAT80 (PATA, 250 GB, 3.5 inch) で 9180円だった.先日壊れたHDX-UE300のガワ(AC電源とIEEE1394 or USB/PATA変換基板が一緒になっている)に入れたところ,とくに問題なく使えるようだ.
[PR]
by edogawadai_bio | 2006-05-14 23:05 | comp
ImageJ設定ファイル: IJ_Props.txtとIJ_Prefs.txt
ImageJの設定ファイル,IJ_Props.txtとIJ_Prefs.txtについて.

IJ_Props.txt

ImageJの起動時に読込まれる設定ファイルで,普通はij.jar内にアーカイブされているものが利用される.ImageJはこのファイルを読込むだけであり,書換えは行なわない.ij.jar内からIJ_Props.txtを外したり,ソース(Prefs.java)を改変すると,メニューについてカスタマイズがIJ_Props.txtを編集するだけで可能.とくにFile/Open Samples,右クリックメニューはカスタマイズしがいがある.また,メニューのPlugins/Shortcuts/*では割り振ることのできないショートカットキーも,IJ_Props.txtを編集することで利用可能.

IJ_Prefs.txt

ImageJの起動時に読込まれ,終了時に書き出される設定ファイル.主に各ユーザによる設定内容を保存する.無い場合には終了時に作られる.起動時には imageJ.main() → imageJ.ImageJ() → Prefs.load()でIJ_Props.txt読込 → Pres.loadPreferences()でIJ_Prefs.txt読込,という流れで設定ファイルが読込まれる.

ImageJの実行中は各プラグイン等によってPrefs.get*()やPrefs.set*()で各設定項目の参照ないし更新が行なわれる.組込みのプラグインでなくとも,これらのメソッドを使うことでIJ_Prefs.txtに独自のフィールドを設け,参照することができる.なお設定ファイル中ではこのような非組込みプラグインの設けたフィールド名の先頭に"."が自動的につけられている(おそらく組込みプラグインの利用するフィールドの衝突回避のため).

終了時には imageJ.quit() → Prefs.savePreferences() ImageJ組込プラグイン(例えばplugin/filter/ParticleAnalyzer)等のsavePreferencesメソッド呼出によるstaticフィールド書出準備 → Prefs.savePrefs() によってIJ_Prefs.txt が更新される.IJ_Props.txt はImageJによって改変されることはない.

初期状態は以下の項目が記録されている.

fps=7.0
Image/Stacks/Animation Options.../Speed で設定するstack画像のアニメーション表示におけるコマ送り速度.単位はframe/second.

new.type=0
new.width=400
fcolor=#000000
gel.options=2
div-by-zero=Infinity
pp.options=1
raw.type=0

ij.y=32
ImageJ終了時におけるメインウインドウの画面上の場所(Y座標.単位はピクセル).Xではxwininfoの-geometryでの値と同じ.(少なくともXでは)次回の起動時の場所とは限らない.

roicolor=#FFFF00

ij.x=441
ImageJ終了時におけるメインウインドウの画面上の場所(X座標.単位はピクセル).

ap.bins=20
noise.sd=25.0
prefs.options=2
new.slices=1
raw.width=512
new.height=400
new.fill=0
bcolor=#FFFFFF
ap.options=64
measurements=19
precision=3
mark.width=0
raw.gap=0
raw.height=512
raw.options=0
new.name=Untitled
raw.n=1
jpeg=75
raw.offset=0

以下はImageJ上で設定したり作業すると必要に応じて作られる項目.

dir.image=/foo/bar
最後に開いた画像ファイルのディレクトリ.

plugin00=h,"*foo[B]",ij.plugin.Hotkeys("foo")

Plugins/Shortcuts/Create Shortcut で登録したショートカット(ホットキー).
[B]がショートカットを示す.IJ_Props.txtで既に設定されているものは使えない.

plugin01=p,"bar[H]",bar

Plugins/Shortcuts/Install Plugin で登録したプラグイン."="の次の文字(上記例ではp)はメニューにおける配置を決めている.定数ij/Menus.*_MENUとして定義されており,以下の通り.

p: Plugins/
i: File/Import/
s: File/Save as/
h: Plugins/Shortcuts/
a: Help/About Plugins/
f: Process/Filters/
t: Analze/Tools/
u: Plugins/Utilities/

recent00=/home/maro/wc/ijp/ss-col-mf-vm-03.gif
最近 File/Openで開いた画像ファイル.File/Open Recentにあらわれる.
[PR]
by edogawadai_bio | 2006-05-14 03:04 | img
alias
alias dif diff -burN #よく使うので.
alias import import_ #Pythonインタプリタ中と勘違いしてimportを入力するとImageMagickのキャプチャが実行して混乱するので.
[PR]
by edogawadai_bio | 2006-05-14 02:47 | comp
Let's Note; tune2fs
半月くらいT1に代わりR4を持ち歩いているが,Linuxではサスペンドができず,電源を入れるたびにブートプロセスが終わるのを待たねばならない.ファイルシステムマウント時のディスクチェックで不意に起動が遅くなるのを避けることにした.
sudo tune2fs -c -1 /dev/hda2
sudo tune2fs -i 0 /dev/hda2
[PR]
by edogawadai_bio | 2006-05-14 02:46 | comp
HDD故障
2年くらい使っていた外付けHDD,IO-DATA HDX-UE300 がカランコロンと音を立てて壊れた.この1月ほど壊れそうな音をときどき立てて予告してくれていたので,心の準備はできていたが….IEEE1394でメインマシンに常時接続していたが,USB接続の他の外付けHDDに比べてレスポンスや転送速度が高く,認識も安定していてよいドライブだった.

中身を取り替えて再利用しようと開けてみた.上下のプラスチック板と側板の間をこじあけると後はネジを外すだけだった.中身は Maxtor MaxLineII 5A300J0 だった.実働時間はMTTF(100万時間らしい)の2%以下だったのか….
[PR]
by edogawadai_bio | 2006-05-14 02:16 | comp
AntによるImageJ構築(Windows)
これまでImageJ自体をいじる際には,改変対象のjavaファイルそれぞれについてコンパイルとクラスファイルツリー上へのコピーを行ってきたが,効率化のためJava版makeらしいAntを使うことにした.この類のビルドツール?はmakeしか使ったことがなく,Antも名前しか知らなかったが,すでにAnt用のbuild.xmlがImageJのソースファイルに入っており,また親切なことに
http://rsb.info.nih.gov/ij/download/tools/ant/ant.zip
にWindows+ImageJ用に設定されたAnt自体が置いてあったため導入は容易だった.

まずあらかじめ,J2SE5を導入しておく.これはデフォルトのC:/Program Files/下に導入した.

http://rsb.info.nih.gov/ij/download/src/
から最新のソースアーカイブファイル(現時点はij137f-src.zip)を入手し,展開.ディレクトリ名を
C:/opt/ImageJ/src/...
に変更した.また,build.xmlも下記のように編集した.
* "MANIFEST.MF"を小文字にした(そのままだとLinuxでエラーになった).
* build-localというターゲットを作った.build後,ij.jarをソースツリーの上(C:/opt/ImageJ)にコピー.
* デフォルトの挙動をrunからbuild-localに変更.

Windows/ImageJ用設定が含まれているAnt
http://rsb.info.nih.gov/ij/download/tools/ant/ant.zip
を C:/opt/ImageJ/ant/ に展開.C:/opt/ImageJ/ant/bin/ant.bat の冒頭を以下のように書き換える.
set ANT_HOME=C:\opt\ImageJ\ant
set JAVA_HOME=C:\Program Files\Java\jdk1.5.0_06
また,cygwinからはbin/ant.batとbin/ant(これはシェルスクリプト)の両方とも実行できてしまい混乱のもとなので,後者はrenameした.

JREなしのWindows用ImageJインストーラである
http://rsb.info.nih.gov/ij/download/win32/ij136-nojre-setup.exe
をインストール.C:/Program Files/ImageJ/ 下の各種ファイル(LUTsとかMacrosとか)を C:/opt/ImageJ/ にコピー.不要になったC:/Program Files/ImageJ/* はアンインストールした.

ImageJ.exeからImageJを起動できるようにImageJ.cfgを編集.プラグインの場所はデフォルトでは C:/opt/ImageJ/plugins/ だが -Dplugins.dir で変更可能.

これでImageJ自体の編集~実行はコマンドプロンプト上から,
C:\opt\ImageJ\src> edit IJ\ImageJ.java # ソースをいじる
C:\opt\ImageJ\src> ..\ant\bin\ant[.bat] # 構築とij.jarの..へのコピー
C:\opt\ImageJ\src> ..\ImageJ[.exe] # 実行
という感じになった.

コマンドライン以外ではNetBeansが利用できたとの報告をMLで見た.eclipseでも試みた人がいたようだが苦戦していたようだ.
[PR]
by edogawadai_bio | 2006-05-14 01:50 | img
cygwin
いくつか国内ミラーサイトを試したところ,パッケージダウンロードはring.asahi-net.or.jpが安定しているようであった.
[PR]
by edogawadai_bio | 2006-05-11 17:08 | comp