<   2006年 01月 ( 15 )   > この月の画像一覧
蛍光色素とフィルタ
蛍光色素とフィルタの設定について便利そうなflashをみつけた.
http://www.mcb.arizona.edu/IPC/spectra_page.htm
[PR]
by edogawadai_bio | 2006-01-31 16:37 | img
Hungry Microscopist's Optical Sectioning? - Structured Illumination Microscopy
OptiGrid
http://www.thales-optem.com/Products/ProductDisplay.aspx?productid=26

ApoTome
http://www.zeiss.de/C12567BE0045ACF1/Inhalt-Frame/1268311E3AF7907AC1256C30004625B5
http://www.zeiss.co.jp/jp/micro/home.nsf/allBySubject/138B623F2F80D437C1256CB5003A9E56

SurfaceScope
http://www.triptar.com/5-1-surfaceScope.htm

Volocity Grid Confocal
http://www.improvision.com/products/vgc/

励起光の空間輝度分布を櫛状フィルタによって変え,同じサンプルに対してフィルタをずらしつつ複数枚(3枚)撮像し,互いの差を強調することで焦点外の信号を除く?

Wilsonグループ http://acara.eng.ox.ac.uk/som/
Neil97 Opt Lett 22: 1905-1907 # 最初? 花粉からの反射光に対して利用.
Wilson98 J Microsc 191: 116-118 # 実体顕微鏡での利用.dichroic mirrorにより入射光路と反射光路をわけている.
Neil00 J Microsc 197: 1-4 # 最初の蛍光? COS-7細胞のCy3蛍光抗体染色像に利用.
Karadaglic02 Scanning 24: 301-304 # 蛍光内視鏡での利用.
Schafer04 J Microsc 216: 165-174 # パラメタの最適化

格子は幅25umの櫛状で,ピエゾ素子を使って"歯磨きモード"で動かしている.虚像上での格子幅は1.5umなどになる.光源は15WハロゲンランプやAr/Krレーザーが用いられる.

ZeissのApoTomeのカタログ(PDF)によれば,
Obj/NA - 格子幅(lines/mm) - 光学厚み(um, @ex480nm)
20/0.75 - 15.5 - 1.5
40/0.75 - 7.5 - 1.6
40/1.3 - 12.0 - 0.8
63/1.4 - 7.5 - 0.7
という関係らしい.
[PR]
by edogawadai_bio | 2006-01-31 12:16 | img
analog RGB frame grabber
UNIGRAF社 UFG-03
http://www.unigraf.fi/
代理店アルゴ社 http://www.argocorp.com/UNIGRAF/UFG01.htm
マニュアル
http://www.unigraf.fi.unixtemp.saunalahti.fi/files/ufg-03_users_manual_for_windows.pdf
1280*1024@60MHz; PCI;
RGB (15pin Sub-D) and DVI-I
chip: applied micro circuits S5930 matchmaker?
application: Windows Media 9 Capture (WM9Cap) or VidCap32

conditions:
1024*768 3000kbps 32bits/pixel
ファイル容量(KiB) = 375.0 * 撮影時間(sec) # 実測: 367.6
ファイル容量(MiB) = 22.0 * 撮影時間(min)
ファイル容量(GiB) = 1.17 * 撮影時間(h)
[PR]
by edogawadai_bio | 2006-01-31 11:35 | img
動画像からの超解像
Farsiu S, Elad M, Milanfar P (2006) IEEE Trans IP 15: 141-159
http://www.cse.ucsc.edu/~milanfar/TIP_Demos_Final_Color.pdf
http://www.cse.ucsc.edu/~milanfar/VideoEURASIP.pdf

具体例 http://www.cse.ucsc.edu/~milanfar/SR/sr-examples.htm
MATLABを要するGUI付きの統合プログラム http://www.soe.ucsc.edu/~milanfar/SR-Software.htm
[PR]
by edogawadai_bio | 2006-01-29 17:28 | img
cygwin
Python-MLでよくみる人がcygwinをわかりやすく紹介している("Life with Cygwin"; http://www.okisoft.co.jp/esc/cygwin.html)のを見つけて,7,8年ぶりにcygwinをインストールしてみた.

debianやRPM系のようなパッケージ管理があること,gccやemacsだけでなくPythonなんかも入っていること,Xがストレスなく動くことなどに感心する.Windowsのレジストリが/procとして見えるのは面白いと思った.emacsとXの日本語の設定もネット上では情報が豊富そうだったが面倒なの で放っておいた.

Windows 上でXOrgサーバを起動し,他マシンからXクライアントをとばすこともできた.そのうちWindows用XサーバとしてASTEC-Xを買おうかと思っていたが,日本語周りだけ設定すればcygwinで十分そうだ.端末エミュレータはxtermやktermもあるようだが,今回はck (http://www.geocities.jp/cygwin_ck/)というのを使ってみた.

$ gcc hello.c -o hello
$ ls
hello.c hello.exe
$ ./hello
hello world
$ ./hello.exe
hello world

という".exe"の扱い方は変わってなかった.ちょっと妙な感じだが,DOSみたいで懐かしくもある.

手元にあるLinux上で開発されているコンピュータ将棋のCソースも,TCP,シリアル通信,pthreadsのコードを含むわりに何も改変せずにコンパイルできた.実行についてはスレッドが動いてることは確認したが,TCPとシリアル通信については未試験.この将棋の思考部分をPythonでつつんで GtkでGUI化したものについて,Pythonスクリプトの起動がPyGtk関連モジュールのimportに失敗すること,Python用C拡張モジュールのリンクが/usr/lib/libpython*.so.*がないためPy_*類の名前解決に失敗すること,がわかった.
[PR]
by edogawadai_bio | 2006-01-29 02:16 | comp
秋葉原
CF用10Mbpsの有線LANカード(Buffalo社LPC-CF-CLT)と,2GBのSDカード(Transcend社)を,それぞれSig3用に買う.ZOAはメディアの相性問題の有無を実機を持込んで確かめてから買えるということで,ありがたくそうさせてもらった.平日昼間の秋葉原を歩いていると学生である悦びを感じる.
[PR]
by edogawadai_bio | 2006-01-25 23:41 | comp
レーザープリンタ
原稿を印刷するためだけに柏へ行く.

家にレーザープリンタを買う決意を強くし,置き場所に困らず使いやすそうなモノクロレーザープリンタを検討する.小さいこと,Linuxからも刷れること,ドライバの使い勝手がよさそうなこと,からブラザーのHL2040が候補となる.17000円くらいか?
[PR]
by edogawadai_bio | 2006-01-24 01:23 | comp
湯島にてCTからの立体再構築や人体について学んだ.
秋葉原で中古のSigmarion IIIを衝動買いした.キーボードが打ちにくいけど画面は見やすい.バッテリーがもつといいな…
さらにつくばエクスプレスで柏に行き細胞の面倒をみた.柏は雪が盛大に積もっており,とくにTXの駅前やキャンパスは人が少ないこともあって遭難しそうな雰囲気だった.
[PR]
by edogawadai_bio | 2006-01-21 23:40 | sanji
Nixon MS and Aguado AS (2002)
Nixon MS and Aguado AS (2002) Feature extraction and image processing
1~2 章を読む.ときどきくだけた表現もあって親しみがもてる.最初にマッ ハバンドなど錯視(Kaiser PF (1999) http://www.yorku.ca/eye/thejoy.htmなど)についての紹介が出てくるのは,「間違い」についてからはじめるフロイトの「精神分析学入門」を思い出させる.画像処理ソフトや文献の紹介が丁寧.2002年でのまとめではあるが…

画像処理ソフト(*はフリーあるいは学生版のあるもの)
紹介サイト
http://www.cs.cmu.edu/afs/cs/project/cil/ftp/html/v-source.html
Khoros
http://www.khorel.com/
http://www.tnt.uni-hannover.de/soft/imgproc/khoros/
AdOculos *
http://www.theimagingsource.com/catalog/soft/dbs/ao.htm
CVIPtools *
http://www.ee.siue.edu/CVIPtools/
LaboImage *
http://cuiwww.unige.ch/`vision/LaboImage/labo.html
TN-Image *
http://las1.ninds.nih.gov/tnimage-manual/tnimage-manual.html

アルゴリズムはMatlabかMathcadで実装例が示されている.
Matlab
http://www.mathworks.com/
Mathcad; Maple上で動き,数式に近い表現が可能?
http://www.mathcad.com/
この本のMathcad用コード
http://www.ecs.soton.ac.uk/~msn/book/

学術雑誌の紹介
IEEE Transactions on Pattern Analyis and Machine Intelligence (IEEE Trans. on PAMI)
IEEE Trans. on Image Processing (IP)
IEEE Trans. on Systems, Man and Cybernetics (SMC)
IEEE Trans. on Medial Imaging
Computer Vision and Image Understanding
Graphical Models and Image Processing
Pattern Recognition
Pattern Recognition Letters (short papers only)
International Journal of Computer Vision
Image and Vision Computing
IEE Proceedings - Vision, Image and Signal Processing
IEE Proceedings - Digital Techniques

書籍紹介

入門
Fairhurst MC (1998) Computer Vision for Robotic Systems
Low A (1991) Introductory Computer Vision and Image Processing
Teuber J (1993) Digital Image Processing
Baxes GA (1994) Digital Image Processing, Principles and Applications # ハードウェアについても

教科書
Marr D (1982) Vision # 視覚について
Jain AK (1989) Fundamentals of Computer Vision # 理論が主
Sonka M et al (1998) Image Processing, Analysis and Computer Vision # 新しい話題.疑似コード付き.理論は薄い
Jain RC et al (1995) Machine Vision # 3Dや動画について,新し目かつコンパクト
Gonzalez RC et al (1987) Digital Image Processing # 理論よりもチュートリアル的
Rosenfeld A et al (1982) Digital Picture Processing # 基本的.古典
Pratt W (1992) Digital Image Processing # これも古典.画像変換が強い
Blake A (1998) Active Contours # 表題よりも動きや変形のモデル化などが中心
Petrou M (1999) Image Processing - The Fundamentals # 変換,回復,強調など

実装例のある本
Lindley CA (1991) Practical Image Processing in C
Pitas I (1993) Digital Image Processing Algorithms
Parker JR (1994) Practical Computer Vision Using C # low-levelに詳しい
Parker JR (1996) Image Processing and Computer Vision # high-levelに詳しい
Umbaugh SE (1998) Computer Vision and Image Processing # GUIやフォーマットなど
Lyon DA (1999) Image Processing in Java # Java本,low-levelに詳しい
Efford N (2000) Digital Image Processing - a practical introduction using JAVA # Java本.数式が少ない
Masters T (1994) Signal and Image Processing with Neural Networks - A C++ Sourcebook # ANNと画像処理


Russ JC (1995) The Image Processing Handbook # 例が豊富.理論なし
Davies ER (1994) Machine Vision: Theory, Algorithms and Practicalities # 産業用途の具体例の疑似コード.基本技術をカバー
Awcock GJ (1995) Applied Image Processing # 応用例が詳しい

Webで読める書籍
この本
http://www.ecs.soton.ac.uk/~man/book/
CVOnline
http://www.dai.ed.ac.uk/CVonline
Ad Oculosというソフトのサポートページ
http://www.theimagingsource.com/prod/link/adoculos.htm
Image Processing Fundamentals
http://www.ph.tn.tudelft.nl/Courses/FIP/noframes/fip.html
World of Mathematics 数学のリファレンス
http://mathworkd.wolfram.com
Numerical Recipes 信号処理に強い.実装例
http://www.nr.com/
The Joy of Visual Perception 具体例や実装
http://www.yorku.ca/research/vision/eye/thejoy.htm
Machine Vision
http://vision.cse.psu.edu/
Active Contours
http://www.robots.ox.ac.uk/~contours

link集
The Computer Vision Homepage
http://www.cs.cmu.edu/afs/cs/project/cil/ftp/html/vision.html
Computer Vision Online
http://www.dai.ed.ac.uk/CVonline
Hypermedia Image Processing Reference 2
http://www.dai.ed.ac.uk/HIPR2
Image Processing Archive
http://peipa.essex.ac.uk/
Pattern Recognition
http://www.ph.tn.tudelft.nl/PRInfo.html
3D Reconstruction
http://biocomp.stanford.edu/3dreconstruction/index.html
Medical Imaging
http://agora.leeds.ac.uk/comir/resources/link.html
Face Recognition
http://www.cs.rug/nl/~peterkr/FACE/face.html
Signal Processing Information Base
http://spib.rice.edu/spib.html
Image formats and reading software
http://www.dcs.ed.ac.uk/%7Emxr/gfx
Computer Graphics
http://mambo.ucsc.edu/psl/cg.html
Neural Networks
http://www.isis.ecs.soton.ac.uk/resources/nninfo/
Human and Animal Vision
http://www.visionscience.com/VisionScience.html
Newsgroups
comp.ai.vision
sci.image.processing
[PR]
by edogawadai_bio | 2006-01-20 04:10 | img
DOSモバ
D論発表の現実逃避で,DOSモバ(NEC MC-MK22) を2年ぶりくらいに復活させる.1997年発売の古いマシンなため,ネットで検索しても軒並みファンサイトは消滅している.ACアダプタなどなくても(そもそも持っていたのかすら覚えていない),副電池CR2032と単3乾電池2本ですぐに動くところがすごい.30時間稼働というのは,最近のPDA類(カラーPalmやLinux ZaurusやPocket PC)より長い.もちろん見にくいモノクロ反射液晶,シリアルケーブルやモデムを介したトラディショナルなネットワーク環境,CompactFlashで 32MBくらいしか使えない小容量記憶媒体,486互換25MHzのCPUパワーとひきかえだが….

DOS環境を整備するのが面倒なので,PocketBSDをさきに試す.BSD環境の母艦がなくても簡単にPocketBSDは導入できた.muleが動くのは素敵だったが,DOSの方が各種アプリを詰め込めるだろうと思いDOSに戻す.PocketLinuxプロジェクトも20世紀末にはあったようだが消息がつかめず試せなかった.

一方最近のPDAとしては,HP iPAQのhx27*0に魅かれる.あるいは裏技でDOSや組込み系Linuxに降りられて,SDカードが扱えるモノクロ電子辞書が登場することに期待.
[PR]
by edogawadai_bio | 2006-01-19 02:47 | comp