大津の判別分析法にもとづくグレイスケール画像の高速多値化
ImageJ MLで紹介されていた

Liao PS, Chen TS, Chung PC (2001) A fast algorithm for multilevel thresholding. J Info Sci Eng 17: 713-727.

の実装がImageJ本家にプラグインとして置いてあるのを見つけた.
http://rsb.info.nih.gov/ij/plugins/multi-otsu-threshold.html

8bitグレイスケール用で,指定した1〜4つの閾値を求める.ただし画像生成部分で閾値と画素の輝度との比較の判定に等号が抜けており,得られる画像を足しあわせるとちょうど閾値相当の画素が黒く欠けてしまう.

b0095474_0172789.jpg

4値化の例.左は原画像by2dapi-8(512*512 pixel, 8bits/pixel),右は4値化像の擬似色表示像.計算はAthlon64 3500+/Linux/SunJ2SE5環境で3.5秒かかった.
[PR]
by edogawadai_bio | 2006-05-09 23:03 | img
<< ImageJ本 モノクロレーザープリンタ ブラ... >>